姓名判断の方法 | 名前は人生に大きく関わるので命名の際には慎重になりましょう

姓名判断の方法

芝の上の水晶玉

姓名判断は、自分の運勢を知る上で貴重な占い方法と言えます。
名前で、人の一生がどのように進んでいくのかが分かります。
それは名前に使われる漢字の画数によって判断していきます。
画数にもいくつかの種類があります。
総格・地格・人格・外格・天格の5種類です。
総格は、その人の全体の運勢を占います。
地格は、生まれてきてから青年期までの運勢。
人格は、その人の性格や才能を写し出してくれます。
また、30代〜中年期の運勢を把握することもできます。
外格は外ら、どのような影響を受けるのか?
仕事や家庭の運勢を見ることになりますし、天格は先祖から受け継いでいる運勢を示します。
このように名前の画数は、人生の事細かな運勢を教えてくれるのです。
実際に自分の名前を占いサイト等でインプットすることで、今までの運勢を振り返って思い出す場面も出てくることでしょう。
「ああっ、あの時の出来事は姓名判断の通りだった。」
こんな場面も出てくるかもしれないのです。
したがって、名前に使われている画数の組み合わせが、とても重要なのです。
しかし、自分の物心が付く前から決まってい名前です。
自分で決めた名前ではないのですから、人生は自分の努力で切り開くことはできないのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
将来は努力次第でいくらでも修正することができますし、名前も一部も呼び名を変えずに一部の漢字を替えるだけで画数も変わっていけますので、簡単な改名でも大きく流れを変えることができるのです。
改名と言っても、オフィシャルに使うのではなく、日常生活の中で使うだけでいいのです。